ドッグランネットワークPals

FAQ 利用について



Q 公共の場所なのになぜ自由に利用できないのですか?
A ドッグランは犬が放し飼いにされる危険な場所です。狂犬病予防注射やワクチンを接種されていることも確認する必要があります。特に狂犬病予防注射は法律で定められており、公共の場所で法律違反している飼い主に利用させることはできません。安全に楽しく犬を遊ばせるためには一定のルールが必要だということをご理解願います。

Q ドッグランから電話しているのですが、閉まっています。なぜですか?
A 基本的には雨天閉場(閉園)します。また雨が降っていなくても地面の状態がぬかるんでいたりすると閉場することもあります。また、雨天予報が60以上の場合閉場することがあります。閉場(閉園)する場合は連絡メールを流します。ドッグラン現地で登録案内がありますのでご利用ください。

Q 雨が降っていたとはいえ、すでに地面も乾いているのになぜ使えないのですか?
A 時間の経過とともに地面は乾くかもしれませんが、朝の開場・開園時に地面がぬかるんでいるために閉場・閉園を決めます。

Q 事情があって当番をすることができません。
A ドッグランの入会・利用規則として「運営に協力すること」 としています。
単にドッグランを利用するだけのために会員登録していただくので はなく、ドッグランを運営するために会員になっていただいています。
ドッグランは(あおばドッグラン)横浜市または( 相模原公園ドッグラン)神奈川県と公園管理者とドッグラン会員で協力して運営しています。
事情があるからといって、皆さんに「いいですよ」 とはいえません。
自分たちで作ったルールを自分たちで違反したら公的立場にある横 浜市または神奈川県や公園管理者はドッグランを認めてくれなくなっていしまい ます。

また、事情をを言い出したら全員に事情があります。ドッグランの運営には犬を飼っていない人も協力してくれています 。

ただし、時には事情があることもあるでしょう。ですから、「退会・除名」の規定はありません。
(注)あおばドッグランは平成21年4月1日から1年間の会員更新制になりました
これはそのような事情を考慮してのことです。

しかし、最近はドッグランを利用するだけで運営協力(管理当番) をしない人が増えてきています。
今後は状況を見て利用規則どおり運用すればそのような会員は利用 できなくなることもあります。
( 利用規則を守れない場合は利用制限することは説明会でお渡しした 利用案内書に記載してあります)